大山街道 K邸とポケットパーク

K邸全景
K邸全景

K邸は、二子新地から大山街道を歩き7分ほど。
木造3階建ての飲食店兼住居用の賃貸物件です。

大山街道筋には、1601年創建の寺院や国登録有形文化財である二ヶ領用水、久地円筒分水などが点在し、明治時代以降、第一回人間国宝・文化勲章受章者である濱田庄司をはじめ、漫画家である岡本一平と、小説家の岡本かの子を両親に持つ故・岡本太郎など、稀代のアーティストのルーツとなった歴史と文化のある街道です。

しかし、現在の大山街道は歩道さえもなく、近年は賃貸マンションが乱立し、道路脇は賃貸マンションの入り口が立ち並ぶという状態。その結果、地域住民の方々が地元で「楽しむ」「遊ぶ」「食べる」「呑む」という事を行う場が極端に少なくなってしまい、住まい手が街に対しての愛着を失いつつ状態です。

そんな大山街道の状態を鑑みて、K邸の新築工事にあたっては、大山街道との将来的な関係性が盛り込まれ、建物、引いてはエリア全体の価値を向上させることを目的とした総合的なコンセプト
「食とアートと文化に囲まれた、自然と共存するヒューマンフレンドリーな小さな街づくり」が練られました。

具体的には、地域の方々とコミュニティーを形成するための、有意義なハブとなっていただけるテナント「飲食店舗」の誘致、既存入居者・新規入居者、友人知人など連鎖的に繋がる人々がプライバシーを守りながらも街とつながり、寛ぐ事ができる「ポケットパーク」の整備、地域住民が憩う場として「駄菓子屋」「寺子屋」「イベント」などです。

オーナーのKさんは、当地の屋号も持つ古くから商売を営む方で、大山街道との関係性を考慮したコンセプトにご理解をいただき、イベント等でも積極的に中心メンバーとして地域とのハブ役となられるなど、心地よい空間の実現とコミュニティ形成をされています。

そんなオーナーが管理する物件は、2017年9月現在、全室満室。

失われつつある街への愛着が戻りつつあるのを実感できる物件とエリアとして、NENGO不動産に登録させていただきます。

物件名大山街道 K邸とポケットパーク
所在地川崎市高津区二子新地
最寄り駅二子新地
構造木造
築年月(築年数)2017年
現況入居中